EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[五人一首]
五人一首「内視鏡世界」

五人一首 内視鏡世界

日本のデス系プログレッシヴ・メタルバンド、五人一首の2作目。2005年発表。Voは女性なのでデス声といっても強烈なものではなく、「ちょっとデス声っぽい」というレベル。ノーマルヴォイスと上手く使い分けています。サウンドの方は中々摩訶不思議な世界観を持ったプログレサウンドで、エレキやピアノの複雑なフレーズが印象的。ピアノなども効果的に使われており、静と動とのバランスが絶妙です。「暴虐さと陰鬱さが混沌と渦巻き、時に和風な雰囲気を醸し出しつつも、純和風というわけでもない…」というオリジナリティ溢れるサウンドが魅力的。

1.常闇回廊はイントロ的な扱いだとは思いますが、2分ちょいのインスト。複雑怪奇に展開するピアノの音色が良い味出してます。
2.ナレノハテドリムシあたりを思い出させるようなプログレメタル全開なイントロで始まり、その後いきなりブチ切れ女性Voが登場。その後は静と動をうまく使い分けつつ、ちょっと不思議な感じで展開していきます。ピアノの音色が使い方によって美しく聞こえたり不気味に聞こえたりするのが不思議。女性Voの歌い回しが強烈過ぎるので抵抗あるかもしれませんが、慣れれば結構いけます。曲の長さは9分弱。
4.人媒花はイントロのピアノが儚く美しい曲。前半はVoもしっとりと歌い上げており、哀愁すら漂います。中盤や後半で少しVoが壊れ感じになったりしますが、全体的にはおとなしい感じかな。インストパートも中々混沌としてて良いです。これも長さは9分弱。
6.赫い記憶は20分近い大曲。イントロから中々カオスなことになってますし、Voもぶっ壊れています。その後も静寂がおとずれたり、突然ブチ切れたようにVoが叫び始めたり、ピアノの音色が乱舞したり、ギターがテクニカルなフレーズを華麗に奏でたりと大忙し。次々と曲が展開していく上に、先が全く読めないので聴いてて楽しいです。

6曲しか収録されていませんが、大曲ぞろいなので収録時間は56分もあり、結構ボリュームたっぷりだったりします。Voを受け入れられるかで感想が大きく変わってしまいそうですが、とりあえずプログレ好きなら聞いてみる価値はあるのではないかと。

オススメ度…82点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/688-cb099db3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。