FC2ブログ
EAGLE FLY FREE
ほぼ休眠中ですが、かつてはCDレビュー的なものをしていました。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[APOCALYPTICA]
APOCALYPTICA「WORLDS COLLIDE」

Apocalyptica Worlds Collide

フィンランド出身のチェロメタルバンド、アポカリプティカの6作目。2007年発表。チェロ3人+ドラム1人という編成でメタルをするという実に個性的なバンドです。「これチェロなの!?」ってくらいのヘヴィでアグレッシヴなサウンドや、「弦楽器の音色って癒されるなー」って感じのしっとりしたサウンドを見事に使い分け、彼らならではの独自の世界観を完全に確立。基本的にはインスト曲ですが、最近ではゲストを招いたVo入りの曲も多くなっており、今作では4曲にゲストVoが参加しています。

とりあえず7.Last Hopeがキラーチューン過ぎる。チェロとは思えないくらいの攻撃性を持った曲で、ギュンギュンに歪まされたチェロの音色が乱舞しまくりです。疾走感も抜群で、マジ最高過ぎ。ゲストとしてスレイヤーデイヴ・ロンバート<Dr>が参加しており、クールなドラミングで楽曲の魅力をさらに引き立てています。
1.Worlds Collideは静と動との対比が良い。弦楽器隊ならではのクラシカルな響きと、さすがチェロメタルなヘヴィさが交互に訪れます。
2.Graceはリズミカルなリフ(?)と、しっとりしたチェロの音色との組み合わせがたまらない。緊張感のある展開が最高です。リフ部分では自然と体でリズムを取りたくなるし、その他の部分はじっくりと聴き入りたくなるような感じ。ちなみにこの曲では布袋寅泰<G>がゲスト参加。
3.I'm Not Jesusスリップノットコリィ・テイラー<Vo>参加のVo入り曲。そのせいか、幾分かモダンな雰囲気に仕上がっています。
5.Heldenにはラムシュタインティル・リンデマン<Vo>が参加。ラムシュタインとは全然違う雰囲気の曲をあの低音ヴォイスで歌っているので中々興味深いです。
10.SOS (Anything But Love)にはラクーナ・コイルクリスティーナ・スカビア<Vo>が参加。重厚なチェロの音色とクリスティーナの美しい声が見事にマッチしています。
他には9.Burnとか12.Peaceあたりが普通に好きかなぁ。

アポカリプティカのやってることは結構独特なので、言葉だけではどんなものか伝わりにくいかもしれませんが、もし少しでも興味を持ったのなら是非一度聴いてみて欲しいです。そしてチェロの音色の織り成す独特の世界観を味わってみてください。

オススメ度…86点

PV
SOS (Anything But Love)
I'm Not Jesus

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コレ、いいアルバムなんですよね。
チェロが思いっきり歪んでいて、まるでギターな音なのにはビックリですよね。
2008/06/03(火) 13:18:34 | URL | ピッペン #JalddpaA[ 編集]
Worlds Collideは個人的には微妙でした。

前作、前々作のが好きです。
2008/06/03(火) 21:52:38 | URL | 774RR #-[ 編集]
>ピッペンさん
良いですよねー。
確かにチェロの音の歪みっぷりにはびっくりですよね。前知識無しで聴いたら普通にギターだと思ってしまいそうです(笑)
2008/06/03(火) 22:20:36 | URL | Hira.R #kQwFExKk[ 編集]
>774RRさん
僕も比較してしまうと前作、前々作の方が好きだったりします(笑)
でもこの作品も個人的には普通に好きなので、結構な頻度で聴いてるんですよねー。前作の記事は書いたのですが、前々作についてはまだ書いてないのでいずれ書くかもしれません(笑)
2008/06/03(火) 22:23:18 | URL | Hira.R #kQwFExKk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/695-b634bb65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。