EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ENTWINE]
ENTWINE「DIEVERSITY」

Entwine DiEversity

フィンランド出身のゴシックメタルバンド、エントワインの4作目。2006年発表。メランコリックな雰囲気とほど良いキャッチーさ、そして意外にヘヴィでモダン的なサウンドが特徴です。特筆するような個性は無いものの、一曲一曲の完成度は非常に高く、どんな人にでもとっつきやすいような内容。女性Key奏者リコによるシンセの音色が良い味出してます。クセの無いVoの歌声もさらっと聴けて良いね。

2.Bitter Sweetはモダンでグルーヴィーなサウンドに哀愁がたっぷりと振りかけられたキラーチューン。3分弱という短さが適度なコンパクトさで、何度も何度も繰り返し再生したくなってしまいます。
7.Six Feet Down Belowはメランコリックさがたまらないキャッチーな曲。サビ部分での切ない感じのコーラスがたまりません。
9.Everything For Youはゆったりとした曲。北欧らしい冷たい雰囲気が漂います。やっぱりサビが切ないね。
10.Nothing's Foreverは切ないというよりもむしろ哀しげな曲。これもやっぱりサビ部分の哀愁が半端無いなー。
他には5.Still Remainsとか11.Lost Withinとかもオススメ。

このバンド、上でも書いたように強烈な個性がない分かなりとっつきやすいので、ゴシックメタル入門にオススメな感じかもしれません。まぁもちろん哀メロ好きにもオススメだけどさ。

オススメ度…84点

PV
Bitter Sweet

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/707-e5d789bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。