EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[RAZOR]
RAZOR「VIOLENT RESTITUTION」

Razor Violent Restitution

カナダ出身のスラッシュメタルバンド、レイザーの5作目。1988年発表。シャープでアグレッシヴなリフが圧倒的スピードで突き抜けていくというのが彼らの最大の魅力で、とにかく疾走疾走また疾走の物凄いスピード感を楽しむことができます。もう彼らなら「スラッシュとは何ぞや」という問いに「いや速さでしょ」と即答してくれるはず。リフの切れ味もそこらのバンドが束になってかかってもかなわないような鋭利さで、まさに「剃刀のような」という形容詞がしっくりくるサウンドです。Voは普通な感じの声と、強烈な金切り声を使い分けるような感じ。

1.The Marshall Artsは物凄い絶叫で幕を開ける疾走インストチューン。もうとにかく速いこと速いこと。次々とキレのあるリフが繰り出され、圧倒的スピードで一気に駆け抜けていきます。
3.Taste The Floorとか4.Behind Bars8.Violent Restitutionあたりもとにかく速い。いやまぁ収録曲は全部速いんだけど、その中でも特に速くてカッコいいです。なんか「速けりゃ良いんだろ? な? ほらほらカッコ良いだろ? ん?」みたいな雰囲気になってますが、実際カッコ良いから文句は言えません。疾走万歳!!
他の曲も全体的に良い感じなので甲乙付けがたいですが、10.Edge Of The Razorとか12.Disciplineあたりが特に好きかな。

ってことでこのアルバム、とにかく速くてアグレッシヴなスラッシュが好きな人にオススメです。ひたすらリフに合わせて頭を振りまくりたい人は是非試してみてください。

オススメ度…88点

MYSPACE(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/720-1ee245b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。