FC2ブログ
EAGLE FLY FREE
ほぼ休眠中ですが、かつてはCDレビュー的なものをしていました。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ELVIRA MADIGAN]
ELVIRA MADIGAN「REGENT SIE」

Elvira Madigan Regent Sie

スウェーデン出身の1人シンフォニックブラックメタルバンドの4作目。2008年発表。Voの声がクレイドル・オヴ・フィルスダニにそっくりな喚き声で、サウンドの方もなんとなくそっちタイプ。至る所でピアノとシンセを多用しまくっており、かなり幻想的な感じに仕上がっています。繋ぎのような短めの曲が多く、その合間に長めの曲がガッツリ入る感じ。展開にちょっと無理やり感があるのと、音質がかなり悪いのが残念。

1.Mortal Man & The Kingはいきなり10分もある大曲。イントロのピアノによる美旋律が最高です。その後は一気に疾走を始めてCOFタイプのシンフォブラック曲に。その後は幻想的になったり邪悪になったりとドラマティックに展開していきます。
5.Witは3分くらいの曲ですが、やたら疾走しまくっていてなんか良いです。中盤のちょっとしたアコギも切なくて良いね。
7.LambMendtationsは前半のふわふわとした幻想的なサウンドが印象的。ちょっぴり不気味な感じがして良いです。
あとは19.Crosses And Biblewars辺りが少し好きなくらいかなぁ。

通しで聴くと悪くはないんだけど、あんまり印象に残る曲は無いです。もっと一曲一曲を練って、短すぎる曲は肉付けして、長すぎる曲は上手く削ってくれれば良いのに…。ジャケは好きなんだけどな。

オススメ度…76点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/740-f252a517
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。