EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[マグダラ呪念]
マグダラ呪念「念の音」

マグダラ呪念 念の音

日本出身の女性3人組怨念ドゥーム・ロックバンド、マグダラ呪念の1作目。2008年発表。バンド名やジャケの通り、非常におどろおどろしい混沌としたサウンドが特徴です。深く深く沈みこんでいくサウンドに呻くようなVoがのり、非常に不気味な世界観を演出。聴いていると呪われてしまいそうな気持ち悪さがたまりません。6曲で50分と長尺な曲のオンパレードで、なんともいえないドロドロ具合がよく表れています。

1.「666」はいきなり約10分の長曲。前半は演奏もほとんど入らず不気味な女性の声が響き渡り、後半になるとようやく暗くて不気味なエレキが登場します。怨念がたっぷりと込められたような不気味な世界観が良い感じ。最後の方の微妙にノリノリな感じも良いね。
2.「ソドムの復習と服従の市」もいかにもドゥームなどろどろとした曲。ちょっと人間椅子あたりを彷彿とさせるリフがたまりません。
3.「魔女よ 誘惑しなさい」は不気味なのっぺり具合と微妙にノリノリなリズムが良い感じで融合している曲。そのまま発狂してしまうんじゃないかって感じのVoの不気味さもたまりません。
6.「呪」はめっちゃスローで本当に呪われてしまうんじゃないかというくらい不気味な曲。これぞドゥームな圧倒的なスローテンポと重さ&暗さがたまりません。なんかもうおどろおどろし過ぎてヤバい。

ってことでこのバンド、ドゥームロックとしてかなり高品質です。不気味で暗ーいサウンドが好きな人には普通にオススメ。女性3人組ならではの気持ち悪さをを味わってみたい人は是非。

オススメ度…81点

OFFICIAL(→クリック)

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/745-c0778861
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。