FC2ブログ
EAGLE FLY FREE
ほぼ休眠中ですが、かつてはCDレビュー的なものをしていました。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[VON BRANDEN]
VON BRANDEN「SCHERBEN」

VON BRANDEN SCHERBEN

ドイツ出身のブラック/ゴシックメタルバンドの1作目。2007年発表。ノイジーなギターが軽く欝なローテンションで響き渡る、ゆったり&ダークな気分になれるサウンドです。シューゲイザーっぽい要素もあり、儚く切なく耽美的。Voは囁き系男性クリーンヴォイスとデスヴォイス、そして女性Voを上手いタイミングで入れて来ます。ALCESTあたりにちょっとゴシック&ブラック的要素を付加したらこんな感じになりそうかも。

1.Behind The Rainは弦楽器の使い方がうまい曲。所々でほんの少し使われているだけなのですが、荘厳さと何とも言えない切なさを加味してくれます。Voはデスヴォイス中心なので全体的に邪悪ですが、何故か同時に不思議な暖かみも伝わってきます。
7.Vergessenはピアノと弦楽器が中心の幻想的な曲。男性Voのクリーンヴォイスも楽曲と絶妙にマッチしており、かなり物悲しい雰囲気になっています。ギターが全く登場しないのでメタル要素は微塵も感じられませんが、圧倒的な儚さで個人的にはこの作品で一番好き。
6.Zwischen Weltenはシューゲイザー的なサウンドで、鬱々としたローテンションがたまらん。独特の悲しさ全体を覆ってるのも良いね。
他には3.Ignoranzkultとか7.Consuming Lifeとかも好きかなぁ。

全体的に抑揚にかけるので、じっくり聞くというよりはバックミュージック的な感じでかけるのが良いかもしれません。儚い世界観に身を委ねたい人は是非どうぞ。

オススメ度…79点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/747-90ffd2f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。