EAGLE FLY FREE
ヘヴィメタル・ハードロック系を中心に、CDのレビューというか紹介をやっています。ただの自己満足の感想文。軽い日記的な事も。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[AKEBOSHI]
AKEBOSHI「ROUNDABOUT」

Akeboshi Roundabout

日本のシンガーソングライター、アケボシ(本名:明星嘉男)のセレクションアルバム。2008年発表。主題歌として起用された映画『ぐるりのこと。』の公開に合わせて発売された、インディーズ時代やメジャーデビュー後のミニアルバムに収録されていた曲から選曲された作品なのだそうです。フォークサウンドにエレクトロニカやアイリッシュ・トラッドを融合させたサウンドが特徴で、全体的にふんわりほのぼのとした優しい雰囲気。普通に日本語詞(英詩の曲もあるけど)なのに70年代の洋楽っぽさが漂う独特の世界観を持っています。

1.leaf on leafは聴いていると安心できるようなゆったりまったりチューン。ピアノや弦楽器が優しく3拍子で奏でられ、聴く者を暖かく包み込んでくれるかのような癒し系サウンドになっています。Voの声もゆったりした素朴な感じで、ちょっと哀愁漂う感じが非常にツボ。
2.Sky in the pondはケルトな雰囲気がたまらない癒しの曲。これもゆったりまったりできる落ち着いた曲です。
3.One step behind the doorは素朴な笛の音色が素敵過ぎる曲。こういう民族音楽的な笛の音色が好きな僕にはたまらない一曲です。アイリッシュトラッドとフォークサウンドの融合っぷりが絶妙過ぎる。
4.Along the Lineは70年代の洋楽ポップスっぽさが半端ない曲。郷愁を誘うコーラスがとてつもなく切ないです。なんか過去を回想しながら遠くを見つめたくなるような感じ。
他には7.Rusty lanceとか8.Soundsも良いなぁ。
11.Wind [Live]は8分の5拍子というちょっと新鮮な曲ですが、普通に違和感はありません。というか普通に良い曲。普通のアルバムにライブ音源が混ざってるのって好きじゃないからあんまり聴いてないけど、スタジオ音源の方も今度じっくり聴いてみたいな。

ってことでこのアルバム、独特の世界観が僕のツボに見事にハマってくれました。哀愁漂うアイリッシュトラッドを日本人に聴きやすい感じにしてくれたような音なので、その手のサウンドが好きな人は是非。

オススメ度…90点

PV
Along The Line

OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/807-fd4b3f68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。