FC2ブログ
EAGLE FLY FREE
ほぼ休眠中ですが、かつてはCDレビュー的なものをしていました。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[VISION DIVINE]
VISION DIVINE
「9 DEGREES WEST OF THE MOON」


Vision Divine9 Degrees West of The Moon

イタリア出身のメロディック・パワーメタルバンド、ヴィジョン・ディヴァインの6作目。2009年発表。前作まで歌っていた実力派シンガー、ミケーレ・ルッピが脱退してしまったのが非常に残念ですが、代わりに3作目まで在籍していたラプソディーファビオ・リオーネ<Vo>が復帰しており、堂々たるパワフルな歌声を響かせています。疾走感のある曲は少なめで、ミドルテンポの曲が大半。プログレ的な展開の曲が多く、全体的にかなりドラマティックな作品となっています。

冒頭の1.Letter To My Child Never Bornからいきなり9分の大曲。多少の中だるみ感はあるものの、全体的に良くまとまったドラマティックな展開を見せてくれます。サビでの開放感が凄まじく、伸びやかなファビオの歌唱に何とも言えない高揚感を感じる曲。
4.Angels In Disguiseはバラードチックな曲。ファビオの感情をたっぷりこめた歌唱が印象的で、心に強く訴えかけてくる何かを感じます。
6.The Streets of Laudomiaは明るい感じの曲。サビメロが妙に爽やかで、ちょっぴり清々しい気分になれます。
10.A Touch of Evilジューダス・プリーストのカヴァー。原曲に忠実なファビオの力強い歌声がマッチしており、非常に良い出来です。

ってことでこの作品、実力派が揃っているだけあってそれなりのクオリティを保っており、とりあえずは安心して聴ける内容です。ただ、圧倒的なキラーチューンが存在しておらず、それぞれの歌メロもいま一つインパクトに欠けるのも確か。なんかあと一息なんだけどなぁ。

オススメ度…76点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/840-fcdb8600
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。