EAGLE FLY FREE
ほぼ休眠中ですが、かつてはCDレビュー的なものをしていました。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ELUVEITIE 「EVERYTHING REMAINS (AS IT NEVER WAS)」
ELUVEITIE
「EVERYTHING REMAINS (AS IT NEVER WAS)」


Eluveitie Everything Remains (As It Never Was)

スイス出身のヴァイキングメタルバンド、エルヴェイティの4作目。2010年発表。前作はフォーク/トラッド系の楽曲ばかり集めた作品でしたが、今作ではまたフォーク/トラッドの要素はそのままにメロデス要素をたっぷり含んだヴァイキングメタルサウンドに戻っています。相変わらずフィドル、アイリシュ・フルート、アイリシュ・バグパイプ、マンドラなどの民族楽器を多用し、メンバーも8人編成という大所帯。民族楽器の活躍がさらに増えたような印象で、フォークメタル好きにはたまらない作品です。深みのあるデスヴォイスもやっぱり迫力満点。

<収録曲>
1.Otherworld
2.Everything Remains As It Never Was
3.Thousandfold
4.Nil
5.The Essence Of Ashes
6.Isara
7.Kingdom Come Undone
8.Quoth The Raven
9.(Do)Minion
10.Setlon
11.Sempiternal Embers
12.Lugdūnon
13.The Liminal Passage


<オススメの曲>
2.Everything Remains As It Never Was
3.Thousandfold
5.The Essence Of Ashes
7.Kingdom Come Undone
9.(Do)Minion

②は途中の笛ソロで軽く死ねる。
③はもう完璧。民謡メロも奇跡的な素晴らしさだし、ノリも良くて自然と体がリズムを刻んでしまう。低音デスヴォイスも最高だなー。
⑦はメロデス要素の強い曲。民族楽器の乱舞っぷりも素晴らしい。

オススメ度…95点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/915-0a291626
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。