FC2ブログ
EAGLE FLY FREE
ほぼ休眠中ですが、かつてはCDレビュー的なものをしていました。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[DARK LUNACY]
DARK LUNACY「THE DIARIST」



イタリアのメロデスバンド、ダーク・ルナシーの三作目。2006年発表。第二次世界大戦のレニングラード包囲戦をテーマとしたコンセプト作です。例え英語が理解できなくてもその重々しい雰囲気がひしひしと伝わってくるのが凄い。誰がどう聴いてもこの作品がテーマは「戦争」だということが即座に感じとれるはずです。全作までの売りだったらしい生弦楽の大胆導入はほとんどありませんが、そんな事は一切関係無しの圧倒的クオリティ。アグレッシヴさと重々しい雰囲気の絶妙の調和がホントたまりません。

1.Auroraはアグレッシヴなギターリフが最高な曲。重厚で悲しさすら漂うコーラスがヤバイです。絶妙のタイミングで出て来るんだもんなぁ、ホント。
5.Snowdriftsは前半が女性Voのゴシカルなパート、後半はデス声と女性Voの絡み合うアグレッシヴなパートです。とりあえず前半は美しすぎ。そしてピアノのメロディが切ないです。後半もメロディセンス抜群で、女性Voの使い方がかなり上手い。
7.On Memory's White Sleighは緩急の付け方が良い感じの曲。これも至る所でゴシカルな雰囲気が漂っていてかなり良い感じです。
10.Motherlandはロシアの軍歌を導入した曲。思いっきり軍歌なコーラスがかなり良いです。アグレッシヴなギターもたまらないし、適度なストリングスの音色もヤバイ。
他にも2.Play Dead3.Pulkovo Meridian,8.Heart Of Leningradなどオススメ曲がたっぷりです。

このアルバムはメロデス好きなら必聴。「アグレッシヴだけど、どことなくメロディアス」なサウンドが好きだったり、重々しい雰囲気のサウンドが好きな人は是非聴いてみましょう。

オススメ度…90点

YOU TUBEで聴ける音源
Heart of Leningrad(音のみ)

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/93-cddac412
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。