FC2ブログ
EAGLE FLY FREE
ほぼ休眠中ですが、かつてはCDレビュー的なものをしていました。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平沢進 「賢者のプロペラ」
平沢進「賢者のプロペラ」

平沢進 賢者のプロペラ

P-MODEL天才テクノ系アーティスト、平沢進のソロ8作目。2000年発表。やたら荘厳で神々しい不思議なエレクトロサウンドが特徴で、そんなに電子音っぽさや機械っぽさはありません。歌モノが多く、あまりテクノテクノしていないのも特徴の一つ。平沢進自身の歌声も、やたら胡散臭いソプラノって感じで神々しく、全体的にかなり神秘的な空気をまとっています。民族音楽とヒーリングミュージックとテクノを全部ぐしゃぐしゃっと混ぜて、独自の視点から構築し直したようなサウンド。ちなみにこのアルバムは「錬金術」がコンセプトになっているのだとか。

<収録曲>
1. 賢者のプロペラ
2. ルベド(赤化)
3. ニグレド(黒化)
4. アルベド(白化)
5. 円積法
6. 課題が見出される庭園
7. 達人の山
8. 作業(愚者の薔薇園)
9. ロタティオン(LOTUS-2)
10. 賢者のプロペラ-2


<オススメの曲>
9. ロタティオン(LOTUS-2)

神々し過ぎる至高の名曲#9がダントツにヤバい。イントロ、そして歌い出し、さらにはサビと、その全てのメロディが神がかっています。

オススメ度…85点

OFFICIAL(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://musicmetal.blog123.fc2.com/tb.php/984-bdde7ad6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。