FC2ブログ
EAGLE FLY FREE
ほぼ休眠中ですが、かつてはCDレビュー的なものをしていました。
 【本の感想一覧】 【Twitter】   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WARBRINGER 「WORLDS TORN ASUNDER」
WARBRINGER 「WORLDS TORN ASUNDER」

Warbringer Worlds Torn Asunder

米国出身のスラッシュメタルバンド、ウォーブリンガーの3作目。2011年発表。切れ味のよいザックリとしたリフで駆け回る、若手らしい元気いっぱいのスラッシュメタルをやっております。リフのキャッチーさがとにかく素晴らしく、攻撃性と親しみやすさを兼ね揃えたパワフルなサウンドがとにかく魅力的。緩急とメリハリがしっかりついており、流れるようなギターソロや手数足数の多いドラミングなど聴きどころもたっぷりなのが素晴らしいね。Voは力強い吐き捨て型で、アグレッシヴなサウンドに負けない元気いっぱいな吐き捨てっぷりです。

<収録曲>
1. Living Weapon
2. Shattered Like Glass
3. Wake Up... Destroy
4. Future Ages Gone
5. Savagery
6. Treacherous Tongue
7. Echoes From The Void
8. Enemies Of The State
9. Behind The Veils Of Night
10. Demonic Ecstasy


<オススメの曲>
1. Living Weapon
2. Shattered Like Glass
4. Future Ages Gone
6. Treacherous Tongue
8. Enemies Of The State

今作の中でも群を抜いて素晴らしいのが#1。圧倒的にグルーヴィーなイントロの時点でテンションはダダ上がりし、その後の怒涛の勢いで疾走するリフワークにもひたすら悶絶です。リ!ヴィ!ング!ウェ!ポン!のシャウトは思わず一緒に叫びたくなるほどにキャッチ。中盤のバキバキ響くベースから再びグルーヴィーな展開へと雪崩れ込み、更には一心不乱に弾きまくるギターソロに入る瞬間とかマジ鳥肌。
重低音バキバキで幕を開ける♯2はミドルテンポ気味の荒々しい曲。Voのブチ切れシャウトが良い!
#4はメロディアスなリフでごり押しするちょっと変わった曲。しっかりスラッシュしているのですが、反復されるリフが抒情性を孕んだメロいリフなのでとても不思議な感じがしてしまいます。
細かく刻む高速リフから金物連打に繋がる#6はやりたい放題の楽しい曲。たった2分半の曲なのにめぐるましく展開します。
#8は好き放題暴れまわる疾走チューン。デスメタルばりの迫力ある疾走パートと、ドロドロとした超スローパートとの対比が印象的です。

オススメ度…87点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20120314103939.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

WATAIN 「SWORN TO THE DARK」
WATAIN 「SWORN TO THE DARK」

Watain Sworn To The Dark

スウェーデン出身のブラックメタルバンド、ヴォータンの3作目。2007年発表。無慈悲なブラストと攻撃的なリフで攻め立てるファストブラックをやっているのですが、メロディックブラックとも言えそうな邪悪で叙情的なメロディも兼ね揃えているのが特徴です。多彩なリズムワークやリフワークによる先の読めない展開もとても興味深く、即効性と聴き込み要素が共存している贅沢なサウンド。Voは憎しみにまみれた悲痛な絶叫を轟かせており、邪悪な雰囲気をさらに増幅しています。

<収録曲>
1. Legions of the Black Light
2. Satan's Hunger
3. Withershins
4. Storm of the Antichrist
5. Light That Burns the Sun
6. Sworn to the Dark
7. Underneath the Cenotaph
8. Serpents Chalice
9. Darkness and Death
10. Dead But Dreaming
11. Stellarvore


<オススメの曲>
1. Legions of the Black Light
2. Satan's Hunger
4. Storm of the Antichrist
7. Underneath the Cenotaph
9. Darkness and Death

イントロの叙情的なトレモロリフが不穏な空気を醸し出す#1は、いきなり8分超えというボリュームたっぷりの曲。過激なリフが邪悪に響き渡り、憎悪にまみれたVoがこれでもかとばかりに轟く強烈なサウンドです。ブラストをかましたりメロディアスになったり変拍子を見せつけてきたりと、最後まで気の抜けない素晴らしい曲。ドラマティックなギターソロも良いわぁ。
♯2は邪悪なリフが派手に炸裂する曲。バスドラを二連で淡々と踏み続けるリズムが妙に印象的です。
叙情的なリフと高速ブラストを絡めながら過激に疾走する#4は今作一番のキラーチューン。速いながらもメロディアスなパートや、スピードをぐっと抑えつつ邪悪さを前面に押し出してくるパート、そして不穏なメロディを掻き鳴らしまくるパートなど、めぐるましく展開するサウンドに高揚感が抑えられません。
哀しげでドラマティックなフレーズでゆっくりと幕を開ける#7は、小刻みなリフが高速で掻き鳴らされるファストパートに突入する瞬間が超絶カッコ良い。スラッシュメタルもびっくりの高速リフにただただ悶絶。
Voの邪悪な咆哮がピカイチの#9は、心の底から湧き上がってくるような憎しみを感じることが出来る曲。終始吠えまくる強烈ながなり声がたまりません。

オススメ度…88点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

amazon_20120314103939.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

W.E.T 「W.E.T」
W.E.T 「W.E.T」

W.E.T. W.E.T.

WORK OF ARTRobert SällECLIPSEErik MartenssonTALISMANJeff Scott Sotoという3人によるメロディアスハードロックプロジェクト、ウェットの1作目。2009年発表。それぞれの所属バンドの頭文字を取ってW.E.T.なのだそうですが、サウンド自体の北欧らしい湿った哀愁とも良く合っていて素晴らしいプロジェクト名になっているのではないかと。メンツを見て何となく想像できるような音楽性になっているのですが、そのクオリティが凄まじく高い。AORにも通じるような極上のメロディが洪水のように溢れてきます。Jeff Scott Sotoのエモーショナルな歌唱も抜群で、楽曲にぴったりの素晴らしい歌唱を披露してくれています。才能あるミュージシャンを集めたプロジェクトは大当たりか大外れかのどっちかという印象が強いですが、このプロジェクトは間違いなく大当たり。メロディアスハードの理想形です。

<収録曲>
1. Invincible
2. One Love
3. Brothers In Arms
4. Comes Down Like Rain
5. Running From The Heartache
6. I'll Be There
7. Damage Is Done
8. Put Your Money Where Your Heart Is
9. One Day At A Time
10. Just Go
11. My Everything
12. If I Fall
13. Comes Down Like Rain (Acoustic)


<オススメの曲>
1. Invincible
2. One Love
4. Comes Down Like Rain
5. Running From The Heartache
9. One Day At A Time

オープニングチューンの#1は意外とアグレッシヴなイントロに少々びっくりしますが、そのあとは湿り気たっぷりの極上のメロハー。
#2は今作で一番の哀愁を振りまきまくる超名曲。AOR的なサウンドでポップに、しかしエモーショナルに広がっていきます。なんと爽やか!なんとドラマティック!
他の曲も止めどなく流れ続ける美旋律の洪水が凄まじいです。

オススメ度…86点

MYSPACE(→クリック)

amazon_20111216214103.gif このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

WHITE LION 「PRIDE」
WHITE LION 「PRIDE」

White Lion Pride

米国拠点のメロディアスハードロックバンド、ホワイト・ライオンの2作目。1987年発表。ポップでキャッチーなメロディと、マイケル・トランプ<Vo>の甘いハスキーヴォイスが特徴です。適度な華やかさを持ちながらも中にそこはかとなく哀愁が内包されているのが個人的にかなりツボ。ヴィト・ブラッタのギタープレイは超絶上手いというわけではないのですが、それでもなんとなくヴァン・ヘイレンに通じるような華やかさがあり、なんとも味のあるサウンドとなっています。マイケルのハスキーな歌声はカラッと乾いた哀愁を醸し出しており、メロディ自体のヨーロピアンな湿った哀愁と、マイケルの歌声によるアメリカンなカラッと乾いた哀愁が良い具合に融合。その適度なバランスがとてもプラスに働いています。

<収録曲>
1. Hungry
2. Lonely Nights
3. Don't Give Up
4. Sweet Little Loving
5. Lady of the Valley
6. Wait
7. All You Need Is Rock N Roll
8. Tell Me
9. All Join Our Hands
10. When the Children Cry


<オススメの曲>
1. Hungry
6. Wait(→PV)
8. Tell Me
10. When the Children Cry(→PV)

とりあえず#8ラットあたりのLAメタルに通じそうな華やかなノリに、胸が締め付けられるような超絶哀メロが加わったキラーチューン。もうマイケルのハスキーヴォイスの甘いこと甘いこと。こういう持って生まれた声質って反則だよなぁと思ってしまいます。コーラスも哀愁たっぷり。独特のギタープレイも冴えわたっており、適度な泣きを維持しつつ弾きまくってます。
#10はしっとり切ない名バラード。静かでアコースティックなサウンドをバックに響くマイケルの歌声はやはり反則です。シンプルなギターソロも泣ける。

オススメ度…84点

MYSPACE(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

WHITE WIZZARD 「FLYING TIGERS」
WHITE WIZZARD「FLYING TIGERS」

White Wizzard Flying Tigers

米国出身の正統派メタルバンド、ホワイト・ウィザードの2作目。2011年発表。最近ではNWOTHM(ニュー・ウェイブ・オブ・トラディショナル・ヘヴィ・メタル)なんて呼ばれているNWOBHMの回帰サウンド的なバンドの代表格で、初期アイアン・メイデンあたりのサウンドを忠実に再現し、現代に蘇らせています。今作ではあまり派手さはありませんが、堅実な音作りが特徴。とりあえずNWOBHMサウンドが好きならば手放しで喜べるような作品で、いかにも過ぎるギターリフが次から次へと繰り出されて止まりません。Voのハイトーンもド直球で非常に好感度高し。この古臭くてダサい感じがやはりメタルの真髄なのではないかと。

<収録曲>
1. Fight to the Death
2. West L.A Nights
3. Starchild
4. Flying Tigers
5. Night Train to Tokyo
6. Night Stalker
7. Fall of Atlantis
8. Blood on the Pyramids
9. Demons and Diamonds
10. Dark Alien Overture
11. War of the Worlds
12. Starman's Son


<収録曲>
1. Fight to the Death
2. West L.A Nights
4. Flying Tigers
7. Fall of Atlantis

わりと金太郎飴状態なところはあるのですが、この音を聴いてるだけでとりあえず楽しいし嬉しい。#1とか#2プレイング・マンティスあたりの音作りを思い出すわ。

オススメ度…83点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

WINTERS BANE 「REDIVIVUS」
WINTERS BANE「REDIVIVUS」

Winters Bane Redivivus

米国出身の正統派メタルバンド、ウィンターズ・ベインの2作目。2005年発表。なんと13年ぶりの作品なのだそうです。ティム・リッパー・オーウェンズ<Vo>が在籍していたバンドということで有名ですが、この作品ではアレクサンダー・コッホが後任として迎え入れられており、なかなかパワフルな歌唱を披露。サウンドの方はルー・セント・ポールの力強いリフが次々と繰り出す正統派メタルで、曲によってはメロパワ寄りになったりという感じです。とにかくパワフルで、ゴリゴリと力押ししてくる暑苦しいメタル。それぞれのリフは強力なので、あとはそれぞれの繋ぎが課題かなという気もしますが、まぁ難しいところだよなぁ。実力は充分に感じられるので、あとはこれぞというキラーチューンを生み出すことが求められるのではないでしょうか。

<収録曲>
1. Seal the Light
2. Spark to Flame
3. The World
4. Dead Faith
5. Catching the Sun
6. Remember to Forget
7. Burning Bridges
8. Waves of Fury
9. Despise the Lie


<オススメの曲>
1. Seal the Light
5. Catching the Sun

メロパワ風味な#1とか#5とか悪くないから、こういう路線で行けばいいんじゃないかな。特に#1なんかはすっげぇパワフルだし、隙あらば弾きまくってるし、かなり良いと思う。

オススメ度…74点

MYSPACE(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

WISDOM 「WORDS OF WISDOM」
WISDOM「WORDS OF WISDOM」

Wisdom Words Of Wisdom

ハンガリー出身のメロディックパワーメタルバンド、ウィズダムの1作目。2006年発表。メロディがやたらクサくてキャッチーで爽快なメロパワをやっており、これぞB級メロスピなサウンドが彼らの身上。Voのハイトーンがちょっと細くて高音が苦しげだったりする所まで、全てが愛すべきB級メタルです。サビメロの攻撃力は相当なもので、いい具合に重なったコーラスがひたすら悶絶モノ。サビのあまりのクサさに、個人的にはFREEDOM CALLあたりのバンドが真っ先に比較対象に挙がりました。元気良く全力疾走する微笑ましいクサメタルなので、その手のサウンドが好きな人なら絶対に損はしないバンドなのではないかと。

<収録曲>
1. Holy Vagabond
2. Reduced to Silence
3. Masquerade
4. Wisdom
5. Victory
6. Take our Soul
7. Sands of Time
8. Unholy Ghost
9. Wheels of The War
10. Wiseman Said
11. Words of Wisdom
12. Prometheus


<オススメの曲>
1. Holy Vagabond
4. Wisdom(→PV)
5. Victory
9. Wheels of The War

サビがクサ過ぎてもはや笑うしか無い件について。

オススメ度…84点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

WISDOM 「JUDAS」
WISDOM「JUDAS」

Wisdom Judas

ハンガリー出身のメロディックパワーメタルバンド、ウィズダムの2作目。2011年発表。やたら勇壮でクサいメロディが魅力的で、適度な疾走感で駆け抜ける聴いててとても気分の高揚するメロパワをやっています。Voの声は少し線が細い感じなのですが、この程度ならB級メロパワにはありがちなこと。サビになるとやたら無駄に重厚なコーラスが展開され、しかもそれがクサメロ好きの心を掴んで離さないガッツポーズ級の扇情力を持っているもんだからもうたまりません。どの曲もAメロBメロと無難な感じなのに、サビでガツンと持ってかれるわ。典型的なメロパワだし、ありがちなスタイルはあるのですが、これだけサビメロに魅力があれば十分過ぎる。ダサいは正義ですな。

<収録曲>
1. Fallin' Away From Grace
2. Somewhere Alone
3. Age Of Lies
4. Live Forevermore
5. Wander The World
6. Heaven And Hell
7. Silent Hill
8. At The Gates
9. The Prodigal Son
10. Judas
11. Strain Of Madness


<オススメの曲>
1. Fallin' Away From Grace
5. Wander The World
7. Silent Hill

この三曲のサビが超好き。なんだこの勇壮で重厚で無駄にダサくてクサいコーラスは!俺の好きな要素詰め込み過ぎだろ!#7とかメインのリフの時点で既に秀逸なのに、サビに入った瞬間もう悶死ですよ。

オススメ度…88点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

WITHIN TEMPTATION 「THE UNFORGIVING」
WITHIN TEMPTATION「THE UNFORGIVING」

Within Temptation The Unforgiving

エンジェリックボイスで魅了する女性シンガー、シャロン・デン・アデルを擁するオランダのシンフォニック系ゴシックメタルバンド、ウィズイン・テンプテーションの5作目。2011年発表。荘厳で壮大な装飾の中、シャロンの美声が優しげに響くというのがこのバンドのスタンスだったのですが、今作では荘厳さや崇高さが少し減退し、かなりポップでキャッチーな路線に変わってきたという印象です。もちろんシンフォニックな要素も残って入るのですが、あくまでおまけ的な感じで、基本的には歌メロ重視。ただ、シャロンのエンジェリックヴォイスでそのメロディを歌いあげられるため、クオリティとしてはやはりとても高いです。ゴシック的な要素がかなり減ってきているのが残念ではあるのですが、これはこれで全然ありなんじゃないかと。コンセプトアルバムということでジャケットも何故かアメコミ風だし、サウンドもキャッチーになってるしで、これじゃない感"も半端なかったのですが、聴きこむにつれて素晴らしい作品だということに段々と気付かされました。

<収録曲>
1. Why Not Me
2. Shot In The Dark
3. In The Middle Of The Night
4. Faster
5. Fire And Ice
6. Iron
7. Where Is The Edge?
8. Sinéad
9. Lost
10. Murder
11. A Demon's Fate
12. Stairway To The Skies


<オススメの曲>
3. In The Middle Of The Night
4. Faster(→PV)
6. Iron
8. Sinéad(→PV)

#3とか#4はちょっとモダンなギターサウンドにシンフォニックサウンドが絡む曲。サビはやはり親しみやすく、突き抜けるような爽快さがあります。デジタル風味な味付けに戸惑ったりもしたけど、これはこれで効果的で悪くない。
個人的にはいい具合にシンフォニックで、サビがやたらキャッチーな#8が一番お気に入り。シャロンの美声をこれでもかというばかりに堪能できます。

オススメ度…91点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

WHEELS OF FIRE 「HOLLYWOOD ROCKS」
WHEELS OF FIRE「HOLLYWOOD ROCKS」

Wheels Of Fire Hollywood Rocks

イタリア出身のAOR系メロディアスハードロックバンド、ウィールズ・オブ・ファイアの1作目。2010年発表。いかにも80年代なポップで親しみやすいメロハーをやっており、ボンジョヴィとかデンジャー・デンジャーとか、その手のサウンドが好きな人には垂涎モノの作品になっております。イタリア出身ながらアメリカンな仕上がりになっており、カラッとした爽やかなサウンド。そんな中にちょっぴり切なげな哀愁が見え隠れする所がたまりません。Voの歌声は優しげかつ伸びやかで、こういう爽やかな曲を歌うのにはうってつけ。晴れ空の下で聴きたいね。

<収録曲>
1. Hollywood Rocks
2. You're So Cool
3. What I Want
4. I Can't Live Without You
5. Everywhere I Go
6. Live Again
7. The Reason
8. Little Prayer
9. Relax
10. Rock The World
11. Love Nest


<オススメの曲>
1. Hollywood Rocks
5. Everywhere I Go
9. Relax

「ほらほら、お前らこういうのが好きなんだろう?」って感じの、いかにもなチューンがずらっと並ぶ。#1とかイントロの爽やかなKeyの時点でもうね。そうです。そうなんですよ。こういうのが好きなんですよ。サビ、一緒に歌っても良いですか?

オススメ度…85点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

WE CAME AS ROMANS 「UNDERSTANDING WHAT WE'VE GROWN TO BE」
WE CAME AS ROMANS「UNDERSTANDING WHAT WE'VE GROWN TO BE」

We Came As Romans Understanding What We've Grown To Be

米国出身のメタルコアバンド、ウィ・ケイム・アズ・ロマンスの2作目。2011年発表。ツインボーカル編成で、一人ががスクリーム、もう一人がスクリームとクリーンヴォイスを使い分けるとい感じのようです。スクリームもわりかし迫力あるし、クリーンヴォイスが凄く澄んだ感じで結構好きかも。サウンドの方は、ヘヴィでいかにもメタルコアなサウンドに、シンセの味付けが施されており、若干のエレクトロコアみたいな感じ。基本的にはゴリゴリと突き進むアグレッシヴな中、あくまで味付け程度に電子音が使われているだけなのが良い具合です。ちなみに音からはあまり想像できないけど、「人間が殺しあうことの愚かさ」とかをテーマにしたメッセージ性の強い曲で有名らしいよ。

<収録曲>
1. Mis//Understanding
2. Everything As Planned
3. What I Wished I Never Had
4. Cast The First Stone
5. The Way That We Have Been
6. A War Inside
7. Stay Inspired
8. Just Keep Breathing
9. Views That Never Cease To Keep Me From Myself
10. What My Heart Held
11. I Can't Make Your Decisions For You
12. Understanding What We've Grown To Be


<オススメの曲>
1. Mis//Understanding

静と動の対比が良い。むしろ静のクリーンヴォーカルのパートが良く聴くと凄く良い。

オススメ度…80点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

WINTERHORDE 「UNDERWATERMOON」
WINTERHORDE「UNDERWATERMOON」

Winterhorde Underwatermoon

イスラエル出身のシンフォニック系プログレ/メロディックブラックメタルバンド、WINTERTHORDEの2作目。2010年発表。テクニカルで複雑な展開を見せつけるプログレ的要素、トレモロリフで邪悪に疾走するメロディックブラックメタル的要素、荘厳な装飾を携えたシンフォニックな要素、そして幽霊船というテーマのせいなのか若干のヴァイキングメタルっぽい要素も含まれている気がします。ただ、それら多くの要素が非常に上手く消化されており、ごちゃごちゃとカオスになることなく非常に上手く纏まってるところが凄い。転調に転調を重ね、緩急や静動でアクセントをつけ、一瞬たりとも気を抜けない構成になっているので、じっくり聴けば聴くほど楽しめる非常に中身の濃い作品です。ブラックメタルですがVoの歌唱など適度な邪悪さなので、プログレ好きでも普通に楽しめるのではないでしょうか。イスラエルってメタル後進国なイメージなのに、オーファンド・ランドとかこのバンドとか、たまに出てくるバンドは凄いんだよな。きっと独自の土壌で他の国とは違う感覚を持って発展してきたから、新鮮味があるんだろうな。

<収録曲>
1 The Shell
2. Wreckages Ghost
3. Underwatermoon
4. Hunting the Human
5. Execution
6. And Flames Wept to Heaven
7. The Curse of Gypsy
8. Delirium
9. Tenth Wave
10. Smoke Figures
11. The Martyr and Deliverance
12. Farewell


<オススメの曲>
2. Wreckages Ghost
3. Underwatermoon
4. Hunting the Human(→PV)
7. The Curse of Gypsy
9. Tenth Wave

5分という比較的コンパクトに纏まった#2は、たった5分なのにドラマティックな展開を見せつけてくるキラーチューン。荒々しいイントロとか、中盤のアコースティックなパートとか凄く良い。
逆に#7とか#9とかは比較的長めの曲ですが、飽きることなく最後まで聴かせてくれる構成力が素晴らしいです。

オススメ度…93点

MYSPACE(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

WALTARI 「BELOW ZERO」
WALTARI「BELOW ZERO」

Waltari Below Zero

フィンランドの変態ミクスチャーバンド、ワルタリの11作目。2009年発表。メタル、デスメタル、インダストリアル、ヒップホップ、パンクなどありとあらゆるものを吸収して独自の音楽に構築し直す奇才集団です。作品ごとにだいぶ色が違いますが、この作品はかなりメタル色が強め。しかもスラッシュ的なリフがよく目立ちます。また、ジャケからも想像できるように若干スペーシーな雰囲気も。ワルタリには珍しいくらいシンプルでコンパクトに纏まったメタルだったので始めは少し物足りなさも感じましたが、良く聞くとなんだかんだワルタリ節は健在で、やっぱりワルタリは変態でした。

<収録曲>
1. Below Zero
2. I Hear Voices
3. In The Cradle
4. Without Lies
5. Dubbed World
6. Endless Highway
7. Syntax Error
8. My Own Satisfaction
9. 10 Reasons Why Not To Hate Me
10. Travel On


<オススメの曲>
1. Below Zero
3. In The Cradle
8. My Own Satisfaction
10. Travel On

#8のキャッチーさがとてもツボ。
とってもヘヴィな#1とか、メタルメタルしたリフがクールで、でもサビはやっぱりキャッチーな#10とかも良いよ。

オススメ度…85点

MYSPACE(→クリック)   OFFICIAL(→クリック)

Amazon このCDをAmazonで購入

テーマ:アルバムレヴュー - ジャンル:音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。